山口美和さんインタビュー

インタビュー記事より
撮影してまだ3週間ぐらいしか経っていないというのに、どうも 美和チヤンがどういう顔をしていたのか思い出せない。そんな存在感のない魅力のない女のコだったかというと、とんでもない,全くその逆なのだよ。
彼女の場合、彼女は一人なのにいくつもの顔いくつもの魅力を持っていて、一つの定型がない。だから「山口美和」をイメージしようとするといくつもの顔が多重露光して1っの像を結ばないのです。
ちなみに今月の口絵ヌードの彼女をビデオギャルズコレクションで森田水絵チャン達と一緒に紹介している「セクシー4」(アテナ映像)の彼女の写真を見比べて下さい。これが同じ女のコだと思えないくらい色んな表情を持っているでしょう。
その表情のどれもが、一応、彼女の魅力的な顔の代表を名乗る資格があるのだ。
撮影で真近に彼女の顔を見ているとなおさらで、千変万化でころころと魅力的に変わっていく美和チャンを見ながら、ついつい「う〜んいいなあ」と何度か言葉をもらしてしまった。
明るく愛敬があり、育ちのよさからか上品さもある。何かホメ言葉ばっかりになってしまったなあ。

☆ ☆
−−最近、雑誌でよく見るようになったね
うん。写典集も友達の杉原美輪子チャンと共演のヤヅ「夢素肌」 が出たし、ビデオの方も「セグシ−4」見て下さいね。
−仕事
むずかしいけど、楽しいな。
−理科系の大学を出たんだって
そう。コンピューター関係の学科です。変わり種でしょ。殆んど勉強をしなかったというウワサもあるけど。
−趣味
スポーツです。スキーにスキューバダイビングにテニスも少々、 ひとつにかけろというんじゃなくてたくさんのものに手を出してしまいたい方です。
好きなタイプは
日本人ではこれといったヒトはいないの。ジョン,ウェインとかカーク・ダグラスみたいなナイスガイタイプ。スポーツを一緒にして遊んでくれるヒトがいいな。年令は全然関係ないです。
−カレ氏
今はいないけど、昔はいた。じっと相手を見てて、相了の人間性が分からないとを開けない所がある。臆病なのかなあ。
−初体験
えッ、何かフワフワと宇宙遊泳しているようでした。
−エクスタシー
まだ知りません。別に急がないからまだいいです。